カワソーテクセルは陶磁器製造を原点とするセラミックス・金属の気密接合専門メーカーです。

HOME > 会社情報 > あゆみ

あゆみ

カワソーテクセルは100年を超える歩みの中で、瀬戸物、碍子、セラミックス、メタライズへと時代とともに歩んでまいりました。その道が1本につながっていることは、私たちの持つ保有技術を磨き続けてきた証でもあります。セラミックスに金属を気密接合させるメタライズ技術―私たちが今、時代の最先端で育んでいるこの技術が、豊かな未来への礎になることを願って、今日も研鑽を続けてまいります。


1870年代 - 明治10年創業からのあゆみ -

陶磁器 1877年(明治10年) カワソーテクセルは「せともの」の町、愛知県瀬戸市で食器製造業として創業しました。当時の社名は「川惣」。創業者である川本惣吉に由来します。
以来、時代のニーズに即した製品やサービスの提供に努め、定評のある電力資材をはじめ、新しい技術として確立したメタライズを新機軸に、事業を展開しています。

1910年代〜1930年代 - 電気用碍子類の製造 -

電気用碍子
*電気用碍子
1916年(大正5年) 電気用碍子分野に進出。
今日でもカワソーテクセルの重要な製品の一つです。
電線取り付け例
1921年(大正10年) 大阪支店を開設し、関西ならびにその以西の電力会社、および電鉄会社に販路を拡大

1940年代〜1960年代 - 電力分野への進出 -

架線金物
*架線金物
1945年(昭和20年) 川惣電機工業株式会社に改組
1949年(昭和24年) 架線金物の分野に進出。
昭和24年、碍子に加え、拡大する電力インフラの整備に対応すべく、配電材料分野の事業を拡大しました。
銅加工品
1957年(昭和32年) 川惣電材工業株式会社に社名変更
1959年(昭和34年) 本社を大阪市に移転
1967年(昭和42年) 堺工場を新設
1968年(昭和43年) 広島営業所を開設
鹿島出張所(茨城県)を開設

1970年代 - セラミックス分野に進出 -

  1972年(昭和47年) 資材センター(堺市)を新設
堺工場に高圧電気試験設備を導入
1973年(昭和48年) 東京出張所を開設
新交通システム用碍子
*新交通システム用碍子
1974年(昭和49年) 耐塩じん霧特性の高いダブルスカート型碍子を開発。
新交通システム用碍子の製造を開始。

製鉄所内の設備用に、また、塩害をうけやすい、いわゆる臨海地の交通機関や橋梁に当社製の碍子をお使いいただくようになりました。交通機関用としては、ゆりかもめ、ポートライナーに代表される新交通システム用として数多くの路線で使用いただいています。また、その実績が評価され、海外においても使用いただいております。
ゆりかもめ
電線ヒューズ
*電線ヒューズ
1974年(昭和49年) 密閉型電線ヒューズの製造を開始。
当時、遮断部には有鉛はんだを使用していましたが、鉛フリー化に取り組んでおり、2011年にはすべての電線ヒューズの鉛フリー化を実現しました。当社のコンセプトのもう一つは、長寿命化です。エレメント部を一体構造とし、継ぎ目をなくすことで、繰り返し応力に強い電線ヒューズを実現しています。
1978年(昭和53年) 広島営業所を支店に昇格
セラミックス
*セラミックス
1979年(昭和54年) 陶磁器の経験を活かしセラミックス分野に進出。
広島県呉市に工場を新設し、アルミナ系を中心に原料の調合から焼成までを行っています。絶縁性に加え、耐熱、耐摩耗、耐蝕をキーワードに、新たな事業に乗り出しました。
各種セラミックス

1980年代 - メタライズ技術の確立 -

  1981年(昭和56年) 地下鉄用碍子の製造を開始
1983年(昭和58年) 東京出張所を営業所に昇格
電流導入端子
*電流導入端子

配電用電子機器
*配電用電子機器
1983年(昭和58年) セラミックスと金属を気密接合するために必要なメタライズ技術を確立。メタライズ製品の製造を開始。
混練、塗布、焼成といったプロセスをひとつひとつ詰め、試行錯誤を繰り返して、メタライズ技術を獲得しました。電流導入端子、絶縁継手、絶縁パイプといった製品をラインアップしています。
1984年(昭和59年) TIG溶接製品の製造を開始
TIG溶接
1987年(昭和62年) 配電用電子機器の製造を開始
1988年(昭和63年) カワソーテクセル株式会社に社名変更

1990年代以降 - 金属接合分野へ -

ヒートシンク
*ヒートシンク
1998年(平成10年) ろう付(金属接合)製品の製造を開始
セラミックスと金属を接合するプロセスにろう付工程があることから、蓄積した技術を金属接合分野へも展開しました。銅、アルミ、ステンレスなどを中心に真空・窒素雰囲気でろう付します。
ブレージング
2003年(平成15年) ISO9001を認証取得
2005年(平成17年) ISO14001を認証取得
ページトップへ